タイヤの黒い色は、ゴムにカーボンブラックが加えられているため

タイヤの原材料は大きく分けるとゴムと配合剤、タイヤコード、ビードワイヤーで構成されていて、このほかに100種類を超える原材料で作られています。ゴムは石油が原料の合成ゴムとゴムの木から採れる天然ゴムの2種類が使用されていて、最近では天然資源で1本から30年間採取が可能で、環境にやさしいゴムとしての天然ゴムの需要が伸びてきています。配合剤は補強剤と目的に応じた様々な薬品類が練りこまれていて、バイオフィラーは再生産が可能なとうもろこしが原料となっていて環境問題などの高まりから特に注目度が高くなっています。カーボンブラックは一般的に使用されているゴムの補強剤で、タイヤが黒い色をしているのは、この材料に由来しています。シリカは柔軟で結合力が強いゴム補強剤で、カーボンと混合させたり、全てをシリカにするなど様々な配合方法があります。硫黄は弾力性があり、強力なゴムに変化させる効果があり、このほかにもオイル類や老化防止剤、加硫促進剤などが配合剤として使用されています。タイヤに使用されている原材料の割合としてはゴムが50%以上を占めていて、補強剤が25%、タイヤコードが13%などとなっています。またタイヤに使用されているゴムの中で6割程度が天然ゴムとなっています。

コメントは受け付けていません。