カーカス

タイヤの構造は大きく分けると直接路面に接する部分で、タイヤの内側のコード層の保護とタイヤの耐久性を保持するために厚いゴム層でできているトレッド部とタイヤの両肩に当たる部分でコード層の保護と走行中に発生するタイヤ内部の熱の放散をする役割を持つショルダー部、タイヤの側面部分でコード層の保護のために表面がゴム層で覆われているサイドウォール部、コードの末端を支えていてタイヤをホイールのリム部にしっかりと固定しているビード部などに分けられます。カーカスはタイヤの骨格を形成していて、ゴムで被覆されている繊維素材やスチールなどでできたコード層のことで、バイアスまたはラジアルに貼りあわされていて、空気圧を保って、荷重や衝撃に耐えることのできるタイヤ構造を保持するという役割を持っています。プライというのはプライレーティングという言葉の略で、タイヤの補強剤のことを表していて、この素材がタイヤの内部に巻き付けられることによって、強度が確保され続けます。素材としては現在ではナイロンやポリエステルといった強度が強いものが使用されていて、この数値が高いとタイヤの耐久性が高いということを示すので、より強い空気圧をかけることができるということになります。

コメントは受け付けていません。